Top >  海外旅行関連 >  チップはスマートに

チップはスマートに

ここでは、チップを渡す際のタイミングや金額などについて、欧米を例にとって考えてみましょう。
レストランやカフェのウェイターやウェイトレス、この人たちは元々基本給が低いためチップが生活をしていくための重要な収入源といえます。
彼らのサービスに対しては相応の額を渡します。
高級レストラン・・・飲食代金の10%~20%を。
ソムリエにはワイン代の10%くらいです。席で清算を済ませた後に、お金を入れるトレイの中もしくは下に入れておきます。
クレジットカードでの支払いは、伝票に「Tip」または、「bervlce uharge」の欄にチップのパーセンテージを書き込むようになっています。
ホテル・・・・・・・送迎バスの運転手には運賃と別に100円相当のチップ。
ポーターには、1荷物100円くらい、部屋に付いたらすぐに手渡しして下さい。
基本的に、ルームサービスは、サービス料込みの金額なので、チップは不要なのですが場合によっては、心付けを用意します。
コンシェルジュなどはレストランの予約をお願いしたなど世話になった時とチェックアウトのときに300~500円くらいをわたします。
感謝を感じたらお礼の言葉とともに、心よくわたしましょう。

 <  前の記事 チップの必要な国・不要な国  |  トップページ  |  次の記事 海外でのタクシー利用は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14381

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

海外旅行なら
↓↓↓↓↓

格安海外旅行

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行 ~海外旅行を楽しむコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。