Top >  海外旅行読本 >  旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア

旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア

旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア

旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア
定価: ¥ 1,029
販売価格: ¥ 1,029
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日: 2006-01-25
発売元: 旅行人
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディアの詳細を見る

昔は全然本とか読まない人だった私ですが、最近ようやく読書の楽しみがわかってきたような気がします。ジャンルは特に気にしないで色んな本を読んでますね。今読んでいるのは「旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア」。

本ってオモシロイですよね。「旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア」みたいに、特に今の自分と関係ないジャンルの本でも「へぇ〜〜」って新たな気付きが得られたりして^^!

そう言えば兄が、この「旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア」を読み終わったら貸して欲しいって言ってたけど、こーゆうの興味あるのか〜〜とチョット複雑な気分です。ま、いいけど・・・。

うーん、
アマゾンで購入した。期待してたほどおもしろくなかった。値段的にもそう高いものではないので、まあこんなところか、とも思う。だけど書店で手にとって見ていたなら、ボクは買わずに立ち読みで済ませていただろう。旅行者版「ニュートン」(科学雑誌の)といった趣きだ。なんとなく物足りないところとかそっくり。

それなりに取材もしているし、記事の量もある。だがタイトルを見て期待した人からすると、やや肩透かしをくらった感じがする。こちらが「とても面白い紀行文」的なものを求めていた、その姿勢とは合致しなかったがゆえのガッカリ感、ということなのか。はじめて南インドに接した、そのオドロキのようなものがもはや伝わってこないのが不満なのかもしれない。ロンプラや歩き方から一歩踏み出した、旅行中級?上級者向けのこのジャンルの雑誌の難しさということだろうか。広く浅く概説を並べるのか、狭く深く特集を組むのか。

しかし、ファッション男性誌にときたま載ってる、タイのバンコクあたりの探訪記のほうが、あるいは飛行機の機内誌の特集の方が洗練されていて、かつ旅行者のダイレクトな感動を伝えてくれていることに関しては編集者は反省してもいいのではないか。「料理人は少しおなかを空かせているくらいのほうが美味しい料理をつくれる」ではないが、海外旅行したくてたまらない人の視点が必要なのでは。実際にこの雑誌を買うのはそういった人たちなのだし。

良い点を挙げるとすると、値段分の文章量はあるということ。だから☆三つ。

旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディアの詳細を見る

 <  前の記事 海外暮らし「こんなはずじゃなかった!」働く編―世界で活躍する日本人96人本音アンケート  |  トップページ  |  次の記事 ヤザワ 海外旅行用変圧器220-240V 20W HTD20E  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12548

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。