Top >  海外旅行読本 >  流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)

流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)

流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)
岩本 悠
流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)
定価: ¥ 520
販売価格: ¥ 520
人気ランキング: 37481位
おすすめ度:
発売日: 2006-06
発売元: 幻冬舎
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)の詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2〜3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

本当に面白い
新聞紙上で紹介されていたので読んでみました。

文章はやや子どもっぽいですが、飾り気がない分、ダイレクトに気持ちが伝わってきました。

自分自身、中国に留学し、辺鄙な土地を歩き廻っていた頃のことを思い出しました。
生まれてから死ぬまでずっと路上で暮らす人たち…、筆舌に尽くしがたい光景を見て、人間って一体なんだろうと思う。

日本に帰ってきた時、まるで別世界にるようで、その分、日本人の非常識が見えてきて「おめ?ら、それ違うだろ」と一言文句を言いたくなる。
でも、なかなかその気持ちをうまく伝えられない。
結局は説教や自慢話と受け止められて終わり。
言うのもバカらしくなって何も言わなくなり、周囲に合わせる自分がいる。

あえて筆をとった作者に敬意を表します。

目頭が熱くなりました。

この本に出会えたことが幸せだ!
空、海、草原の蒼さが輝いている。そして感じる。そういう「時」が人生で最高の瞬間だろう。
大人になる過程で、誰しもがいろんな形で様々なシチュエーションで経験する「青春」という二文字。
自分を探し求めて、存在することの意義を求めて、希望と失念に葛藤しながら、さまよい歩くものたちよ。
激しく揺れ動く鼓動をもっと速く、ほとばしる血潮をもっと熱く、そして進路を究めるものたちよ。
「その時」しかわからない感性。歳を経るにつれ、感慨深い想い出となり青き果実が熟れるもの。
そう、作者の言うとおり、「幸せ」って実体のあるものではなく、感じるものだと共感する。
そう、「幸せ」とは心に響くものだ。
今まさしく青春だという若人にはぜひ一度読んでほしい。そして本書から得られるエキスを感じ取ってほしい。
壮年、老年の方には本書を読んで、是非とも蒼きエッセンスを想い出してほしい。あなたの熱きを語った青春時代を。

流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 豪華列車はケープタウン行  |  トップページ  |  次の記事 コインパスケース (紺)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12359

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。