Top >  海外旅行読本 >  世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)

世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)

世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)

世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)
定価: ¥ 670
販売価格: ¥ 670
人気ランキング: 79384位
おすすめ度:
発売日: 2000-10
発売元: 小学館
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)の詳細を見る

ふぁ〜。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)」。

最初はとっつきにくいかな〜〜と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

の本は世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)意外にも色々あるけど、私は世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)が一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

宗教と街
 「厳選」「行ってみたい」につづく小学館文庫の『世界遺産』シリーズ第3弾。
 「聖地を巡礼する」「芸術家ゆかりの街を訪ねる」「自然の偉大さを考える」「古代人の知恵に驚く」「都市の建築を楽しむ」という5章からなり、合計で55の世界遺産が紹介されている。
 中心となっているのは18ヶ所を集めた「聖地を巡礼する」。バチカン、カンタベリー大聖堂、泰山などを取り上げ、美しいカラー写真とともに解説されている。勘所を押さえた内容で、わりと出来は良い。
 浅く広い本になっている点は仕方ない。自宅で簡便に世界遺産を楽しむのに最適。

旅に出たくなる素晴らしい写真が満載
なにしろ、写真が見事。息をのむような美しい景色の数々に、文字通り、旅心をかきたてられる。歴史的な解説も面白いいが、さまざまな職業人たちのその土地土地にまつわるエッセイも読んでいて楽しい。
旅行好きには、シリーズ4冊ともに、文句なくお勧め。手元に置いておき、写真をながめ、今度はどこへ行こうとプランを練るのもいい。

概評
文庫版の本なんですが、カラー写真がふんだんに掲載されておりパラパラとめくっているだけでも楽しいです。内容についても、名勝の紹介に始まり、歴史的背景、見どころなども簡潔に述べられています。世界遺産のアウトラインを知りたい、難しい解説本はちょっと...という方に最適だと思います。

世界遺産太鼓判55 (小学館文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 間違いだらけの海外個人旅行  |  トップページ  |  次の記事 タイ わがまま歩き 20 (ブルーガイド わがまま歩き 20 海外自由旅行の道具箱)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12352

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。