Top >  海外旅行読本 >  世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)

世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)

世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)
ロバート・ヤング ペルトン
世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)
定価: ¥ 2,625
販売価格:
人気ランキング: 404475位
おすすめ度:
発売日: 1999-05
発売元: 講談社
発送可能時期:
世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)の詳細を見る

世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)のことは、メールで紹介されていて知りました。
友達に紹介されて、あまり興味のなかった私ですが、読んでみて驚きました。

この本は、読みやすい上、いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。
世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)が「最初の一冊」になるとすれば、それはベストの選択の一つといえるんじゃないでしょうか。
それぐらい、この本はすばらしいです。
世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)は、健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。
いつも手元に置いて、事あるごとに開きたい本です。

世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)は、このように凝縮された内容が公開されることに感謝です。世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)は、必読だと思います。
内容は、文章がこなれていて、大変に読みやすくわかりやすいです。
始めてからまだ日が浅いですが、効果が少しずつ出てきました。
私は、ちょっと具合が悪くなると薬箱代わりこの本を開いています。

世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)はこういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

怖いもの見たさのひとはどうぞ
まず怖いもの見たさで本を手にします。次になんでこんな危険な所に行きたがるんだろう?と思います。でも日本の外務省やどうしてもその国に行かざるを得ない人には重宝すると思います。別に全世界を網羅しているわけではないのであしからず。

時は移ろいやすいもの
たしかにこの本は非常に面白いのですが、時はすでに2004年、掲載されている情報には今となっては色褪せてきたものもあります。もちろんこの本の価値がそれで落ちるわけではありませんが、改訂版を出してほしいと願っている者は私だけではないでしょう。作者にはぜひとも21世紀版を執筆してほしいものです。

「地球の歩き方」裏世界バージョン
単なる小説としてだけ読んでも充分面白く、値段のモトはとれている。しかしこれから世界の危険区域にはせ参じようとしている連中にとってこの著作は値段の10倍以上の価値を持つだろう(実際私はこの本の切り抜きをもって某国へいってきました)。大学教授ならばひとつの国の政治闘争について述べるとき、一冊の分厚い著作では間に合わないかもしれない。しかしペルトン氏はあっさりと、簡潔・明瞭に説明してくれる。その国の危険事項についても同様に、だ。ときにややオーバーに書いている所もあるが、そこは実際に体験したあとに笑ってすませればよいこと。タイム誌の書評はさすがに的を射ているーー命を救ってくれる旅行ガイドーー私は講談社のまわしものではない。この本はオススメです。この本を切り抜いて、危険地帯へ旅立とう!!

世界の危険・紛争地帯体験ガイド (講談社SOPHIA BOOKS)の詳細を見る

 <  前の記事 [レレバート]マルチショルダーブラック  |  トップページ  |  次の記事 夢をかなえるエティケット [美しいあなたに 愛ある世界に♪]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12293

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。