Top >  海外旅行読本 >  Braun ポケットシェーバー BS575

Braun ポケットシェーバー BS575

Braun ポケットシェーバー BS575

Braun ポケットシェーバー BS575
定価: オープン価格
販売価格: ¥ 3,278
人気ランキング: 208位
おすすめ度:
発売日:
発売元: Braun (ブラウン)
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
Braun ポケットシェーバー BS575の詳細を見る

昨日、ヨッチャンから借りてきた「Braun ポケットシェーバー BS575」結構オモシロイかも!
ま、でも、ヨッチャンも消しゴムのカスを集めるくらいしか興味がない人だとばかり思ってたけど、「Braun ポケットシェーバー BS575」みたいな本も読むとは・・・、チョットした驚きに襲われつつ、続きを貪る私です。

ヨッチャンは消しゴムのカスを集めるのが趣味ですが、私はヨッチャンが集めた消しゴムのカスでお団子を作るのが趣味です。そんなお団子作りの合間を縫って「Braun ポケットシェーバー BS575」を読んでいます。

ちなみに、私の作ったお団子をいつも「おいしい、おいしい」と言って食べてくれるトモチャンにも「Braun ポケットシェーバー BS575」を貸してあげようっと。
(又貸しだけど・・・ゴメンね、ヨッチャン)

●持ち運びに便利なポケットサイズ。水洗い対応でいつでも清潔

●携帯に便利なトラベルシェーバー
画期的な「ツイスト式」の採用で、携帯時はコンパクトなポケットサイズ(高さ118mm)、使うときはボディキャップをツイスト(回転)させてフルサイズ(121mm)に変身。いつでもどこでも本格的なシェービングが楽しめる。

●独立フロートヘッド
肌の曲面にしっかりフィットする「独立フロートヘッド」で、やさしく、きれいに剃り上げる。

●簡単・手軽に水洗い
水洗いができるので、ハンドソープと水でヒゲくずを洗い流し、シェーバーをいつでも清潔な状態に保つことができる。

よく剃れる
Braun シェーバー プロソニック BS9565を使っている。
最上位機種だが、ポケットシェーバーの方が剃れるように感じる。

乾電池でない分、プロソニックの方が刃の回転が速く、しかも静か。
ポケットシェーバーの方が回転が遅いような音だが、
髭が引っ張られる感じで剃れていく。

プロソニックは首振りヘッドであるが、
逆に首を振らないポケットシェーバーの方が、
自分の加減で思いどおりに剃れる。

さらに、蓋、清掃道具などが全て一体化されている
ポケットシェーバーは、邪魔にもならず、
部品もなくしにくそうである。

好みにもよるだろうが、
高い金を出さなくても、
最初からポケットシェーバーを買えばよかった。

また、際剃り刃がないBS570があることを最初から知っていたら、
そちらの方がさらによかった。

良い
コストパフォーマンスが高い。 t字(クアトロ4・3dダイア・フュージョン)並みに深剃りができる。 一枚刃のほうが手入れし易いとも考えられる。 替刃がないので使い捨てにより環境に悪そうなのが残念。 髭の濃い自分は売れているラムダッシュを買おうか悩んだがこの製品で十分に満足できた。

縦置きの割に・・・
安さと見た目とBRAUNというブランドに魅かれ、購入しました。
もう2週間ほど日常的に使ってます。

感じたことを少々。

・軽い(120グラムで携帯電話なみ)が、電池を入れると少し重み感じる。
・一枚刃だった(元々3枚羽を使っていたので、少し物足りない感)。
・縦置きできるが、ややグラグラ不安定(底面が以外とせまいからだけど)。
・シェーバーの刃をかくすような、ツイスト式が目新しく、うれしい。
・私自身、そんなに髭がこくないため、剃り味は「マアマア」というところです。

シェーバーは縦置きするので、気になった点でも書いた通り、
グラグラ不安定なところがややマイナスですが、それ以外は
コスト(3,000円)に対していい働きをしてくれてます。

Braun ポケットシェーバー BS575の詳細を見る

 <  前の記事 HITACHI エス・ブレード 往復式シェーバー RM-160-S  |  トップページ  |  次の記事 旅はお肌の曲がり角  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12187

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。