Top >  海外旅行読本 >  National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-N

National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-N

National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-N

National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-N
定価: オープン価格
販売価格:
人気ランキング: 37963位
おすすめ度:
発売日: 2003-11-01
発売元: National
発送可能時期:
National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-Nの詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2〜3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-N」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-N」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-N」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

●もっと気持ちいい肌へ。3つの“世界一※1”搭載
※1 刃先角30°内刃、フロート量8mmのヘッド部、内刃の往復運動が約13,000ストローク/分のリニアモーター
●充電切れでも大丈夫な、1時間充電・交流式
●速く細かく動く音波洗浄モード付で清潔水洗い
●根元からヒゲをスパッと消し去る、世界初※2「30°鋭角内刃」
※2 内刃の刃先角30°
●肌にピタッと吸いつく、世界最大可動※3「全方位フロートヘッド」
※3 ヘッド部のフロート量が8mm
●なめらかに剃り抜ける、世界最高速※4「ダイレクト・リニアドライブ」
※4 内刃の往復運動が1分間に約13,000ストローク平成16年2月1日現在
●人間工学に基づいたエルゴカーブデザイン
●駆動数約13,000ストローク/分
●フル充電で1日1回(約3分間)で約14日間使用可能

リニアはやっぱり剃り味もいい。
同じメーカーのリニア・シェーバーを10年もの長きに使っていたが、内歯、外歯を何度変えても剃り味が悪くなったので買い替える事にした。ブラウンのフレックスコントロールも買い替え候補にしたが、洗浄液に年間6000円以上のコストがかかるので、コレに決めた。この製品は以前のものに比べて、とにかく軽くなった。肌に沿ってヘッドが動き、剃り味もいい。水での洗浄も楽だ。ただ、充電が電磁式でないので、ただ使用後、充電器に置いておけばいい。という具合にはいかず、充電器に差し込まなければならないという「退化」があるので、4星とした。全体としては満足している。

価格を裏切らない素晴らしい性能。
松下電工のラムダッシュの剃り味の良さは、他社を圧倒するほどにスムースだ。毎朝の髭剃りは、時間との戦いであるが、これ1台あることで、素早くかつ、剃り残し無しにきれいに剃れる。また超音波のパワーで剃りあげるので、夕方の髭のザラつき感も少ない。しいて言えば、ブラウンのフレックスコントロールのようにアルコール洗浄出来れば…鬼に金棒だ。しかしながら、価格を裏切らない素晴らしい性能を持っている。永く使うものは・・やはり、いいモノを選びたいものだ。

National Λ′(ラムダッシュ) メンズシェーバー ゴールド調 ES8154-Nの詳細を見る

 <  前の記事 上海・蘇州・杭州 わがまま歩き 33 (ブルーガイド わがまま歩き 33 海外自由旅行の道具箱)  |  トップページ  |  次の記事 激動の世界史に出会う―歴史をぬりかえたドラマ88  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12078

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。