Top >  海外旅行読本 >  [PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌

[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌

[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌

[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌
定価: ¥ 1,000
販売価格:
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日: 2006-08-01
発売元: フィリピンウォーカー
発送可能時期:
[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌の詳細を見る

[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌(-_-)。
正直、最初はあんまし期待してなかった。
タイトルも「[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌」なんて感じで、個人的にはイマイチ、ピンと来なかったし、装丁もショボイしで・・・。

でも、本って、やっぱ見た目じゃないんだよね。
[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌を読んでると、ノウハウの影にドラマあり・・・ぃゃ、ドラマを追っていくと、ビックリノウハウ有り・・・って感じで圧倒されっぱなしっすわ。

[U()]の本は昔から好きだったけど、ここ数年は本をあまり読む暇なかったなぁ。これからは、なるべく時間を作って色々読んでみるつもりです。

フィリピーナへの愛情溢るる良書
あまり期待しないで手に取ったのだが、いやいやどうして実用としての風俗情報だけではなく、フィリピンの社会学的な読み物としても面白いものが多かった。タイの風俗情報誌であるジーダイアリーと較べても、創刊して間もないことを合わせて考えれば健闘してるのではないか。
東南アジアの都市構造に風俗産業が深く大きく根を張っているのは紛れもない事実で、そこに目を背けていたんでは何も見えない。

売春をあおる悪書
フィリピン好きのためのトータルな初の情報誌として期待していたが、内容の大半がフィリピン人をおとしめる、または売春をあおるものばかり、月刊『フィリピン売春ガイド』ならこのない雑誌名でぴったりはまるのだろうが、期待しただけに失望大。
 執筆人も一部のフィリピン関係で名の通っている人の原稿は安心して読めるが、大半が素人の書き手で文章も読みづらく、構成ミスも売り物としては信じられないほど多い。雑誌としての完成度も低い。おそらくフィリピン関係の日本語で書かれた専門誌としては初めてのものだと思うが、出せばいいってもんじゃないだろうと言いたくなる内容だ。フィリピンを愛するものとしてがっかり、フィリピン人の尊厳を著しくおとしめる内容で失望とともに憤りすら禁じえない。こんな本はすぐになくなってほしい。

[PHW] 2006年8月号(Vol.2) フィリピン大好き!フィリピーナ大好き!の貴方の為の月刊情報誌の詳細を見る

 <  前の記事 6ロンドン 海外自由旅行の道具箱 (ブルーガイドわがまま歩き)  |  トップページ  |  次の記事 僕はこんな旅をしてきた  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12054

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。