Top >  海外旅行読本 >  まだ見ぬホテルへ

まだ見ぬホテルへ

まだ見ぬホテルへ
稲葉 なおと
まだ見ぬホテルへ
定価: ¥ 1,680
販売価格:
人気ランキング: 437374位
おすすめ度:
発売日: 1998-10
発売元: 日本経済新聞社
発送可能時期:
まだ見ぬホテルへの詳細を見る

まだ見ぬホテルへのことは、メールで紹介されていて知りました。
友達に紹介されて、あまり興味のなかった私ですが、読んでみて驚きました。

この本は、読みやすい上、いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。
まだ見ぬホテルへが「最初の一冊」になるとすれば、それはベストの選択の一つといえるんじゃないでしょうか。
それぐらい、この本はすばらしいです。
まだ見ぬホテルへは、健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。
いつも手元に置いて、事あるごとに開きたい本です。

まだ見ぬホテルへは、このように凝縮された内容が公開されることに感謝です。まだ見ぬホテルへは、必読だと思います。
内容は、文章がこなれていて、大変に読みやすくわかりやすいです。
始めてからまだ日が浅いですが、効果が少しずつ出てきました。
私は、ちょっと具合が悪くなると薬箱代わりこの本を開いています。

まだ見ぬホテルへはこういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

憧れの世界へ誘う本
建築プロデューサーの目と足で体験した外国の一流ホテルのたたずまいをショートエッセイとして紹介しています。雑誌の連載を、文庫化に際して趣のある写真と共にまとめた本です。海外の優雅な滞在を追体験できる、貴重な本です。
普通、旅好きの人が書くエッセイって自分本位でつまらないエピソードの羅列が多いものですが、このホテルエッセイは違います。まず、長さが程良い短さ。文章がひとりよがりでなく、まるで友人に語るようにゆったりと簡潔でわかりやすい。内容も、夢のようなホテルでありながら、必ず著者の慌てたところ、ほっと感動したところ、失敗して青くなったところ…など、オチが用意されていて最後ににやっと笑えます。そして、まるでその場にいるかのように目に浮かんでくる外国の風景と、空気。ホテルのロビーや部屋の雰囲気、ホテルマンの息吹が感じられる描写。実にいろんな国に旅をされているけど、読み終わった時には、まるで私までもがそれらの国を全部訪れてしまったかのような錯覚に陥るほどです。それも一生無理な高級ホテルに。
評判のホテルに泊まることを目的とした旅は、大人ならではの格別の楽しみでしょう。観光地を見るという以外に、何か一つ自分だけのオリジナルテーマを持って、これからあちこちの外国へ行ってみたい、と思わせられた本でした。できれば外国でこの文庫本を持って、ホテルのプールサイドでのんびり読書するような旅を…。

悠久の彼方へ・・・
a��ea-a??a?aa??a??a�?a??a1...a?Ra??a-1a?,e�£a??a?|a??a?|e!?a??a??a??a°-a??a?≪a?aa??a�?e?aa??a? ̄a,�c"?a3?a??a??a?"a?¨a?Ra?aa??a?§a??a??a??a??a??a?≪a?≪a≫?a?¨a??a??a?"a?¨a??a�?a?"a?Ra?¬a?Ra,-a?§a? ̄aR?c??a??a??a?Ra??a�?
a��a??a??a?≪a�?a?"a?Rc"?a??e??a??a�?a??a??a??aμ・a?-a?¨a?aa??a?°a�?a?aa??a?'c?|a??a??a??a�?a??a??a??a?Ra??a�?a?"a?Ra?¬a? ̄a??a?Ra¬2a±?a?'a??a??ao�a??a?-a?|a??a??a??a?Ra??a�?a??a??a?≪a? ̄e?,e!"a??a"?a?§a??a??a�?a??a??a?≪a?2a?¨a??a?2a?¨a??a??a?3a??a?Ra'¨e?oa? ̄e!-a?§a??a??a�?a??a??a?,a?'a??a??a?£a?|a??a??a?¨a�?a??a?"a?aa�?a??a?≪e§?a??a??a??a�?a??c??a??a?'a?§a??e3?a...\a?Ra?!a�?a?§a?Ra?¬a?,a�?e'-e�...a?Ra≫oc ̄?aR¶a?aa??a?§a? ̄a?Rc?\e-?a?¨cμ?e¨"a??a??a?"a? ̄a??a?¨a?aa??a??a??a??a??a??a-?c≪?a?≪a??a??e??a??a??a�?a??a??a-...e!?a?Re¨?c"≫a?'c≪?a?|a??a??a?aa??a??a??a??a�?a?|a�?e'-e�...a? ̄a≫oc ̄?aR¶a?¨a?-a?|a??a?'a?§a? ̄a?aa??a�?a,�a-...e!?e�...a?¨a?-a?|a?Re|-c?1a??a??a??a?"a?Ra≫?a?¨e¨?a?'e¨?a?-a?|a??a??a?Ra??a�?aμ・a?-a?Ra??a??a?≪a?≪a≫?a?¨a??a??a?Ra?§a??a??a?°a�?a??a??a??a?£a??aooa�...a?≪a!??a??a??a??a??a??a�?a??a??a??a?£a??ao?a?≪a??e?-e??a??a??a??a??a??a�?c'?a?-a?§a??a??e'-e�...a?Ra?"e¨"a�?a??a??a??a??a??a??a?≪a?≪a,�a±?e|aa?-a??a?¨a°?a?3a?'a??a??a??a??a?|a??a??a??a?Ra??a�?
a��a-...e!?a??a?Ra??a?Ra??a??a??a�?a??a??a?≪a?≪a3?a??a??a?"a?¨a?'c?Rc??a?¨a??a??a�?a??a? ̄a??a??a?"a?ae'...a2¢a?aa-...a?'a?-a?|a??a??a??a?Ra??a�?a?¬a?,a?'ea-a?�a?¨a�?a??a?"a?aa??a°-i??i??i??a??a2,a??a?|a??a??a�?a??a??a?-a�?e'-e�...a?Ra??a??a?≪a??a?-a??a?3a?°a?'a??a\?a?-a?�a??e£?a??a?...e|?a??a?¨aR?a??a??a??a??a�?
a��a??a1...a?Ra??a-1a??a??c??aR?a?≪a?≫a?£a??a??a?Re≫?a??a?±a??a??a�?a??a??a??a??a??a??a??a?≪a?,a?Ra?§a??a?'a??a?Ra??a??a??a�?a??a?Ra??a? ̄a??a??a?"a?Ra?¬a?≪a?≫a??a?°a??a??a�?a??a??a?≪a? ̄a??a??a?§a??ea-e�...a?'e??a??a?|a??a??a??a?Ra??a??a??a�?

写真はまだいいのに・・・。
ホテルものを書くときは筆者は読者を日常から離れた世界へ連れて行き、なおかつホテルに花を持たす、ということが義務だと思います。その点この本は、写真はまだみられるもののエッセイ(というか作文)の出来にばらつきがあります。きれいなホテルの写真をみながら、どうして彼の下着の洗濯の話やカメラを隠しもってもっこりとした股間、という話をよまされなけらばならないのか、がっかりしました。肝心なホテルの説明ものらりくらりで、最後に小さな字で書かれているだけ。ホテルという言葉をタイトルに持って来て本当にいいの?という本です。主人公はホテルではなくあくまでも筆者です。

まだ見ぬホテルへの詳細を見る

 <  前の記事 デバイスネット ロードウォーリアトランスフォーマ150:150W用電子式変圧器 RW33  |  トップページ  |  次の記事 旅と道具―豊かな旅を創るハードとソフト (朝日文庫)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12062

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。