Top >  海外旅行読本 >  おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語

おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語

おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語
藤巻 守
おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日: 2001-08
発売元: 文芸社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語の詳細を見る

おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語を読んでみた。う〜むと納得しきりである。

なんといっても、著者藤巻 守の意欲が読み取れるから、ついつい読んでいってしまう。

ぐいぐいおとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語に引っ張られているという感じか?おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語に類する本は、あんまり多く読んだことがないから比較はできないけれど、これらに類する本の中ではかなり高評価を得るんじゃなだろうか?

やっぱり著者が意欲を持って書くと、いいものが出来上がる。

おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語は評価が分かれるんじゃないだろうか?読後にそんなことを思った。著者の藤巻 守はそんなことはちっとも気にしていないんじゃないかと思うけれど。

おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語を読んだ友人にも聞いた見たのだが、一人は「いい」と言ったが、別なひとりは「そうかな?」と首をかしげた。

試しにまた別な友人にもおとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語を貸してみようと思う。

さて、どんな評価が下されるか?あまり、褒められた事ではないけれど、本には読書以外の愉しみ方があるのだ。

おとうさん、旅に出よう―父と子のアドリア海物語の詳細を見る

 <  前の記事 奥本大三郎自選紀行集 単行本  |  トップページ  |  次の記事 世界の車窓から ―あこがれの鉄道旅行― Vol.4 遥かなる大地を行く(DVD付)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12242

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。