Top >  海外旅行読本 >  中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術

中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術

中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術
沢田 美和子
中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術
定価: ¥ 1,470
販売価格:
人気ランキング: 467711位
おすすめ度:
発売日: 2004-12
発売元: 池田書店
発送可能時期:
中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術の詳細を見る

しっかし、なんでこうウチの会社の社長はバカなのかね〜〜(-_-メ)。
あーゆう人間に下で働いてるのかと思うと自分の人生に意味を見いだす気も起こらなくなるね。

ま、こーゆう時は、沢田 美和子の本を読んで、心を落ち着けるに限るね。
今は「中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術」というのを読んでるとこなんだけど、ちょうど今の自分と同じような境遇のヤツが出てきて、なんだかシンパシーを覚えるね。

中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術・・・なんっつうタイトルなんで、最初は(個人的には)「あんま、パッとしないかな」とか思ってたんだけど、これ全然スゴイ!
もう、スイマセンでした!!!!って感じだね。中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術 サイコーっす。

結構“実務的”な本
単なる年金で海外暮らしをする安易な紹介本でなく、英会話なども載っていて、結構実務的な本でした。

印象的だったのは「リタイア後の年金での海外暮らしは日本からの『逃避』ではなく、『積極的な生き方』である。」というくだり。いずれにしても今のうちからお金を貯めて準備しないといけません。リタイア後の海外暮らしも結構大変です。



海外生活初心者向け
ロングステイ関連の本はたくさん出ているが、この本は写真やイラストがふんだんに使われていて非常に見やすく出来ています。経済、不動産、医療など読みたいページを項目別に探せるのもよい点で、いろいろな人の体験談やアドバイスが載っています。アジアだけでなく、アメリカ、カナダ、オセアニア、ヨーロッパなどさまざまな国を取り上げているので、まだ行きたい国が決まっていない人にはとても参考になる本だと思います。

30〜40代にも役立つ本
将来海外でのロングステイを真剣に考えているため、過去に何冊か類書を購入したが、この本は大変読みやすくできている。よいことや楽しいことばかり書かれている本が多い中で、現地でのトラブルや問題点、アドバイスなども盛り込まれていて役に立った。中でも興味深いのは経済のページと出発前の準備と心構えについて。インターネットの記事も新しい感じがした。現在、タイを有力な候補地として挙げているが、マレーシアも検討してみようと思っている。

中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術の詳細を見る

 <  前の記事 オールカラー完全版世界遺産〈第4巻〉アジア2―歴史と大自然へのタイムトラベル (講談社プラスアルファ文庫)  |  トップページ  |  次の記事 27ニュージーランド 海外自由旅行の道具箱 (ブルーガイドわがまま歩き)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12369

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。