Top >  海外旅行読本 >  世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)

世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)

世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)

世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)
定価: ¥ 520
販売価格: ¥ 520
人気ランキング: 183400位
おすすめ度:
発売日: 2003-08
発売元: 幻冬舎
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)の詳細を見る

世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)のことは、メールで紹介されていて知りました。
友達に紹介されて、あまり興味のなかった私ですが、読んでみて驚きました。

この本は、読みやすい上、いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。
世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)が「最初の一冊」になるとすれば、それはベストの選択の一つといえるんじゃないでしょうか。
それぐらい、この本はすばらしいです。
世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)は、健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。
いつも手元に置いて、事あるごとに開きたい本です。

世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)は、このように凝縮された内容が公開されることに感謝です。世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)は、必読だと思います。
内容は、文章がこなれていて、大変に読みやすくわかりやすいです。
始めてからまだ日が浅いですが、効果が少しずつ出てきました。
私は、ちょっと具合が悪くなると薬箱代わりこの本を開いています。

世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)はこういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

世界あれこれ
これを読むことにより旅はいいことばかりじゃないんだよ、と理解できる。
けどそんなことが逆に思い出になるんだろうな。
いろいろな国のエピソードが載っててけっこう域が広いと思った。
旅行に興味がある人は是非読んで欲しい。

抱腹絶倒!旅のネタ全集!
「旅行人」編集長の蔵前仁一さんの書かれたバックパッカーものの本はお読みでしょうか?それはそれで、体験を通じたエピソードや感じられたことなどが綴ってあり、バックパッカーもんの旅のエピソードとしておもしろいものです。
今回の「世界最低最悪の旅」とは、タイトルをみれば、すんご〜〜い最低の旅をして金輪際海外旅行なんか行かないぞ!って思われるほどの最悪なたびのエピソードをつらつらと書いているんかな?って思われることでしょうか。
実は、抱腹絶倒の旅のエピソード。百戦錬磨のバックパッカーもんが自らの旅で体験したおもしろいネタを蔵前仁一さんが厳選しまとめ上げたものです。
だから、ネタがひとつの本に集約してて、思わず熱中して一晩で呼んでしまうことでしょう。
もちろん、この本を読んで、旅ってこんなにおもしろいことがあるんだなって、魅惑たっぷりになり、思わずバックパッカーをやっていみょうかってなことになるでしょう。

ヒサンな旅は自慢のタネ!?
バックパッカーもメジャーとは言いがたくとも、珍しくはなくなった昨今。
編集長自らおっしゃる、多分日本で唯一の、個人旅行者のための旅行専門雑誌である、
「旅行人」という雑誌(前身は「遊星通信」)。
その読者たちが書き送った、旅先でのドタバタの顛末集。
数年前に刊行された、ボリュームたっぷりの「世界の果てまで行きたいぜ!」と
「世界が私を呼んでいた!」を再編集して、改題、加筆した本。
グレゴリ画伯の絵もいっぱい。
列車内の座席で駅員が平気で休憩していた中国、今は改心したのだろうか?
毛穴がつまって呼吸困難になったというK女史、今頃はどうしておられるのやら。
岡崎大五氏の「バツイチになる日」は何度読んでもうならされる。
それにしても、バンコクってそんなにオカマさんが多いんだろうか。
(確かめるのもコワイ。)
この本で、小説よりも悲惨な、しかしなぜか笑える旅の実態をもっと読みたい!
と思ってしまった方、
上記の「世界の果てまで行きたいぜ!」と「世界が私を呼んでいた!」を
読むことをおすすめします。
もっとディープな世界を堪能できます。
まずは入門編、ということで。

世界最低最悪の旅 (幻冬舎文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 ハッピーグアム・サイパン (ガールズ・トラベラーズ・ファイル)  |  トップページ  |  次の記事 ドバイとアラビア半島の国々〈2004‐2005年版〉 (地球の歩き方)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12421

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。