Top >  海外旅行読本 >  添乗員撃沈記 (角川文庫)

添乗員撃沈記 (角川文庫)

添乗員撃沈記 (角川文庫)
岡崎 大五
添乗員撃沈記 (角川文庫)
定価: ¥ 580
販売価格: ¥ 580
人気ランキング: 72187位
おすすめ度:
発売日: 2004-12
発売元: 角川書店
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
添乗員撃沈記 (角川文庫)の詳細を見る

添乗員撃沈記 (角川文庫)は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。この添乗員撃沈記 (角川文庫)の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。添乗員撃沈記 (角川文庫)を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

添乗員撃沈記 (角川文庫)は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

添乗員撃沈記 (角川文庫)は情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私は添乗員撃沈記 (角川文庫)の本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。添乗員撃沈記 (角川文庫)でちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

添乗員撃沈記 (角川文庫)はオススメです!

ギリシャやシルクロードへ
 シリーズの第5弾。
 本書ではギリシア、東アフリカ、ドイツ・ベネルクス、シルクロードの4ヶ所が取り上げられている。新人ツアコンのアシスタントを務めたりして新味もあるが、相変わらず人情味と旅情を売りにした作風で、安定した面白さ。
 このシリーズも、良く続いているなと思うが、まあ、それなりに売れているということだろう。

なんだかんだとシリーズ5冊目
星3つというのはお薦め度が低いというわけではありません。多分、好みが分かれるからです。劇的でもないし、感動的でもない軽い読み物です。
とはいうものの、なんだかんだといって「添乗員」シリーズが出ると買って読んでいるのは、毎回トラブルと言うか冷や汗をかいて何とかまとめている苦労と、大抵最後にあるほんわかとした雰囲気が好きだからです。
この本も四つの海外旅行ツアーの話からなっており、一度に連続して読むのではなく、手元に置いて、一寸時間があるときに手にとって読むのがよいでしょう。

添乗員撃沈記 (角川文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 世界ウルルン滞在記―旅ではじけた11人の新しい魅力  |  トップページ  |  次の記事 世界秘境地図―どんな国?どうやって旅する?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12427

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。