Top >  海外旅行読本 >  時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅

時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅

時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
石川 梵
時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
定価: ¥ 2,940
販売価格: ¥ 2,940
人気ランキング: 276200位
おすすめ度:
発売日: 2006-12
発売元: 魁星出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅の詳細を見る

ふぁ〜。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅」。

最初はとっつきにくいかな〜〜と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

石川 梵の本は時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅意外にも色々あるけど、私は時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅が一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

写真家の心の内がわかる本
氏が写真集「海人」を出版したときの写真界に与えた衝撃の記憶は今も生々しい。写真賞を総なめにするだけではなく、当時の写真家協会の理事は「死んだと思っていた写真という表現媒体を生き帰らせた」とまで表現した。
今回の本はその海人を含め、世界各地で氏がこれまで撮影した十数カ国の体験を言葉で表現したものだ。写真家がどのような手法で取材し、対象に接し、そして形にしていくか、写真を見るだけではわからない写真家の心の内が赤裸々に表現されている。読み進めているうちに著者と一緒に世界を巡っているような感覚に陥り、著者のいう「太古の河を遡上」ような気持ちにいざなわれていく。
かつて写真家によるこのような本はなかったのではないか。ただ惜しむらくは価格設定がやや割高だということだ。せめて2000円台前半なら文句なく5つ星なのだが。

素晴らしい作品に出会えました
石川梵は、日本を代表する写真家の一人だと思う。
写真の一枚一枚から、深い、不思議なオーラを放っている。
写真の背景になる世界を、素晴らしい文章で綴っている。
傑作だと思う。

ともかく読もう、見よう
普通のネイチャー物の写真集ではありません。文章も読む者を引き付けて離さない力があります。
この本で表されている世界とは異なる日本とその住民を必ずしも悲観するものではありませんが、明らかに違う価値観(宗教観)で生きている民族がいること、その場に行くことができた日本人(著者)がいたことに感嘆を覚えます。
私ごときボキャブラリー不足の人間の感想では伝え切れません。ぜひ手にとって読んで、そして見てください。

時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅の詳細を見る

 <  前の記事 MCO 海外対応電源コード0.6M  MBC-NPD/06 【旅人専科】  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12487

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。