Top >  海外旅行読本 >  世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)

世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)

世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)
田中 小実昌
世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)
定価: ¥ 560
販売価格:
人気ランキング: 253452位
おすすめ度:
発売日: 2000-08
発売元: 光文社
発送可能時期:
世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)の詳細を見る

おいおいおい、ちょっと頼むよ〜〜。。。
「世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)」みたいな本を100円コーナーに置いておくんじゃね〜よ〜。
・・・と、今回はいきなりブックオフの100円コーナーにキレてみました。

しかも、よくよく見れば、世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)の他にも、世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)の続編みたいなのとか、田中 小実昌関連の書籍が投げ売り状態に・・・!

・・・っったくアイツ等ふざけやがって〜〜。
だいたいにして「いらっしゃいませ、こんにちは〜」ってゆう、心が微塵もこもってない、ただ言わされてるだけのセリフを聞いてるだけでサツイがこみ上げてくるぜ(-_-メ)

「コミさん」の愛称で親しまれた著者の、最晩年の旅行記である。しかも「文庫オリジナル」で登場だ。キプロス島、ニューヨーク、シドニー、アムステルダムの「ふらふら」渡り歩きは、雑誌に断続連載されたものだが、残りのブレーメン、ベルリン、ロンドンの「ふらふら」は本書が初出となる。コミさんの作品、こと文庫においては、なかなか手に入りにくいので、これは貴重である。 毎年冬と夏、コミさんは海外で暮らす。1箇所にひと月くらいは滞在する。その間に、しょっちゅうバスに乗って「ふらふら」出かける。そのバスがどこへ行くかも知らず、片手に哲学の翻訳文庫本を携えて、ひょいと乗ってしまう。 そして、どこかで「ふらふら」飲んでいる。ホテルのバーで、あるいはその土地の人間だけが集う酒場の片隅で、ワイン、それも大好きなのは白ワインだ。ともにグラスを傾けるのは「新宿ゴールデン街のノンベエ」のマコこと、ライターの田家正子、それに旅先で知り合った気のおけないその他大勢だ。キプロスでは、乗ったバスの運転手の家でごちそうになっていた。 旅先で出くわした食べ物にも、「ふらふら」と昔の記憶がよみがえる。ニューヨークで食べたチリ・コン・カーンや赤かぶスープに、呉の進駐軍の炊事場で働いていたころを思い出し、ブレーメンのオムレツから、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』を翻訳したころを懐かしむ。そんなふうに、コミさんの「ふらふら」はどこまでも続いていくのだ。(文月 達)

世界酔いどれ紀行 ふらふら (知恵の森文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 カシムラ 海外旅行用変圧器AC220〜240V地域対応タイプ TI-42  |  トップページ  |  次の記事 ヤザワ 海外用電源プラグBFタイプ HP5  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12558

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。