Top >  海外旅行読本 >  いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)

いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)

いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)
蔵前 仁一
いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)
定価: ¥ 520
販売価格:
人気ランキング: 229430位
おすすめ度:
発売日: 2003-04
発売元: 幻冬舎
発送可能時期:
いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)の詳細を見る

いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)(-_-)。
正直、最初はあんまし期待してなかった。
タイトルも「いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)」なんて感じで、個人的にはイマイチ、ピンと来なかったし、装丁もショボイしで・・・。

でも、本って、やっぱ見た目じゃないんだよね。
いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)を読んでると、ノウハウの影にドラマあり・・・ぃゃ、ドラマを追っていくと、ビックリノウハウ有り・・・って感じで圧倒されっぱなしっすわ。

[U()]の本は昔から好きだったけど、ここ数年は本をあまり読む暇なかったなぁ。これからは、なるべく時間を作って色々読んでみるつもりです。

イラストが良い
 1998年に旅行人から出た『各駅停車で行こう』の改題・文庫化。改題の理由は鉄道ファンから「鉄道ものだと思って買ってしまった」との苦情が寄せられたためだとか。
 著者の豊富な旅の経験から、変わった体験、挿話的エピソードを拾い集めたもの。ごく短いコラムが70篇あまり収められている。それぞれに添えられているイラストがとぼけた味を出していて微笑ましい。
 蔵前氏の本の魅力は、ひ弱さにあると思う。バックパッカーものは、知ったかぶりだったり、下品だったり、感性を振りかざしたり、体力自慢だったりすることが少なくない。しかし、著者の旅は違う。ちょっと弱腰に謙虚な態度で旅をしているさまが良いのだ。日本人の旅という感じがする。

旅人生のかくれ指南書!?
いままで旅本といえば、最新の情報を求めて新しいものばかりをえらんで読んでいましたが、これは著者の旅人生のミニ回顧録のようなもの。
「あのときあの場所ではこうだった・・・」と言う、著者の長い旅人生をかいま見るようなもの。
しかし意外(←あくまで私にとっては)に、それがとても面白く勉強になりました。
旅を続けていくと言うのはこういう事なんだなぁ・・・と漠然にではありますが、感じられた気がします。
また、各コラムが全て短くまとめられていて読みやすく、蔵前さん独特の文章がまた面白く一人で大笑いしながら読みました。
旅の合間に、気軽に読みたい本を探している人にお勧めです☆

いつも旅のことばかり考えていた (幻冬舎文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 尾西食品 おにぎり国際線・さけ  |  トップページ  |  次の記事 (折地図)イスタンブール [JALシティガイドマップ]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/12569

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「海外旅行関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。